2016年06月05日

蒲生岳の山開き

本日、6月5日は、只見四名山のひとつ「蒲生岳」の山開きでした。
10時過ぎに登山口に到着すると、大部分の人がもう下山したとのこと。開山前に登り始めた人もいるそうで、今年は250名ほどが登ったということでした。

蒲生岳は、会津のマッターホルンと呼ばれる山で、ジェラードアイスのような尖った形をしています。コースタイムは3時間半ですが、岩場を上り下りするハードコースです。見ているだけで足が震えます。

160605-101848_R.JPG

今日は、お天気がよく、下山した方の表情も晴れやか!「アスレチックみたいで楽しかった」という満足の声に、登っていないこちらも楽しくなりました。

今年の記念バッジは、ギフチョウのデザインです。かわいい!

160605-101658_R.JPG

下山後は、蒲生集落の方たちから甘酒が振る舞われました。この日限りの物産販売も出ていました。

160605-103853_R.JPG

160605-104036_R.JPG

只見の森は、木々が葉を茂らせ、中に入ると緑に包み込まれるようです。生命力のあふれる初夏の只見町にぜひいらしてください。

(こちらは只見沢で撮った木。幹にツル植物がびっしりとからみついていました)
160604-075715_R.JPG
posted by ブナ at 12:34| できごと