2016年06月24日

入叶津登山道ルート

只見町も2週間ほど前に梅雨入りしてどんよりとした天気の日が続いています。
今週末の26日には浅草岳の山開きがあるので偵察に行ってきました。
比較的傾斜が緩く、ブナ林の中を歩く入叶津登山道から頂上を目指します。

山神杉の手前には、この季節らしいアジサイの花が咲いていました。
IMGP0335_R.JPG
<エゾアジサイ>

山神杉で2つのルートに分かれるのですが、今回は頂上を目指して平石山ルートを登りました。
ブナ林の中を歩いているとところどころ倒木が目につきます。
森林が時間と共に変化していく姿を目にした気がします。
IMGP0345_R.JPG

ずっと登って行くと頂上付近には雪田草原があります。
IMGP0378_R.JPG

そこには、いろいろな花が咲いています。

IMGP0371_R.JPG
<ゴゼンタチバナ>

IMGP0367_R.JPG
<ミヤマカタバミ>

また、稜線にでると只見町を代表するヒメサユリの花も咲いていました。
まだつぼみも見られたので山開きの日にも期待できそうです。
IMGP0390_R.JPG

まだまだ花を楽しみながら登れそうです。
普段見られない花や景色を楽しめますが、登山は自己責任です。
万全の準備をして臨みましょう。
posted by ブナ at 16:16| Comment(0) | 山歩き

2016年06月19日

コシジシモツケソウが見頃です

只見町も雨の日が多くなりましたが、この週末は晴天でした。
見頃を迎えた初夏の花を少しだけ紹介します。

コシジシモツケソウ
DSC_0490_RR.JPG

エゾアジサイ
DSC_0422_RR.JPG

エゾアジサイのピンク色のタイプ
DSC_0494_RR.JPG

ツルアジサイ
DSC_0457_RR.JPG

こちらは花ではありませんが。マタタビの葉が白くなりました。
DSC_0477_RR.JPG
posted by ブナ at 16:18| イベント

2016年06月13日

ミサゴのハンティング!

今日の只見町は久しぶりに雨が降っています。
連日の暑さでカラカラに乾いた大地に恵みの雨となりました。

最高気温30度を記録した昨日、暑い中獲物を狙ってホバリング中のミサゴを見つけました!
IMG_6324_R.JPG
小さくて見難いですが、中央に翼を上にした姿勢でホバリングしているのが分かるでしょうか。

ミサゴは魚類を主食とする猛禽類で、魚を逃がさないようトゲトゲの足裏と、するどい爪を持っています。
ホバリングの後は獲物めがけて一気に急降下し、何回か失敗した後で魚を捕まえていました。
IMG_6356_R.JPG
休憩中のミサゴ。

飛んでいるミサゴは海鳥のようなシルエットをしています。
IMG_6329_R.JPG

ミサゴの華麗なハンティングが行われた川原ではオシドリも餌を探してつついていました。
IMG_6376_R.JPG

今日から東北地方も梅雨入りが発表されましたが、昨日までは暑い日が続きました。
タニウツギやトチ、キリ、ホウの木の花が一気に咲き乱れ、いつの間にかクリの木も花をつけました。
これはホウの木の花。濃い緑色の中に白くて大きな花が際立って素敵です。
IMG_6319_R.JPG

鳥たちは繁殖のシーズンです。
人家周辺に巣を作るツバメやスズメ、セキレイ達が一斉に子育てを始めています。
大きな口を開けるキセキレイのヒナに親鳥が一生懸命餌を運んでいました。
IMG_6289_R.JPG

山々には一気に力強い緑色となり、アカショウビンの爽やかな鳴き声が響いています。
夜はホトトギスやヨタカが鳴き、初夏の只見町です。
posted by ブナ at 17:20| Comment(0) | 野鳥

2016年06月10日

友の会の企画展を見る会 参加者募集!

只見町ブナセンター友の会よりお知らせです。
只見町ブナセンター友の会では、ブナセンターで開催中の企画展「春植物の生活史〜つかの間の季節を生きる色とりどりの花たち」をブナセンタースタッフの解説とともに見る会を開催いたします。友の会会員以外の方もご参加いただけます(入館料が必要です)。お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

○と き 2016年6月12日(日)午前11時〜12時(1時間程度)
○ところ 只見町ブナセンター
○内 容 ブナセンタースタッフによる企画展の解説
○参加費 無料
○問い合わせ 只見町ブナセンター友の会事務局
(只見町ブナセンター内) 0241(72)8355

harusyokubutsu250.png

本企画展は、好評につき、開催期間を延長します。
2016年 7月3日(日)まで!

posted by ブナ at 14:51| ブナセンター友の会

2016年06月09日

只見沢のんびり歩き

おととい、浅草岳への登山道、只見沢登山道を歩きました。最初の渡渉点で向かい側の岩壁に咲くヒメサユリを見るのが目的です。おととしの同じ時期にここでみたヒメサユリがとてもきれいだったので、また見に行こうと思い立ったのです。今年は雪解けがとても早かったので、見られるかどうか不安でした。

沢に沿って歩き始めます。青々と葉が茂り、夏の風景ですね。正面の鬼ガ面山にはかすかに雪が残っています。
DSC_0329.jpeg


渡渉点に着きました。向かいの岩壁は青々としています。おととしは、岩壁の裾の方にはまだ雪が残り、たくさんの花が咲いていいたのですが、残念ながらヒメサユリはもう終わってしまったようです。
DSCF0025.jpeg


でも、よく目を凝らして見ると、ありました。草むらの中に、いくつか花が見えます。
DSC_0357.jpeg


それだけではなく、なんと、ニッコウキスゲも一緒に咲いています。
DSC_0356.jpeg

ピンクの花とオレンジの花の贅沢な眺めです。


沢はごうごうと大きな音を立てて流れていますが、可愛らしいカエルの鳴き声が聞こえてきます。私には「ケケケケケ」と聞こえましたが、あとで、図鑑で調べると「フィフィフィフィフィ」と書かれています!?
鳴き声の主はカジカガエルです。運良く沢の中の石でのんびりくつろいでいるカジカガエルを見つけました。
DSC_0366.jpeg


ヒメサユリのシーズンは終わりかけでしたが、それ以外の発見があったのんびり歩きでした。

posted by ブナ at 17:12| Comment(0) | 山歩き