2016年03月18日

ブナセンター講座「葉と花の戦略と絶滅危惧種の保全」

さる3月13日(日)に、鷲谷いづみ氏(中央大学・教授)を講師にお招きし、植物が生き残り、子孫を残すためにとっている方法(戦略)と植物の保全についてお話しいただきました。鷲谷氏は、生態学をご専門とし、実践的な保全生態学研究を行っておられます。かいつまんで内容をご紹介します。

DSC_8528_RR.JPG
講演をする鷲谷氏

はじめに植物と動物の違いについてのご説明がありました。植物の特徴として動けないことがありますが、他にも、目や手足の数が決まっている動物とは違って、成長に伴って葉や枝を増やす点が違います。前者をユニタリー生物、後者をモジュール生物と言うそうです。モジュール生物は、例えるとブロックのようなもの。色んな方向に増やしていくことができるので、植物は空間に合わせて柔軟に形を変えることができるのです。

また、ひとつの芽生えから複数の個体(株)ができます。これらは同じ遺伝子を持つので、いわゆるクローン個体です。場合によっては、かなり広い面積をクローン個体が占めることもあり、一見すると大規模群落なのに遺伝的には1個体でしかないこともあるそうです。

次に植物の葉や花の機能について説明がありました。主な機能は、栄養成長、貯蔵、防御、繁殖です。様々な植物が存在しますが、それらの違いはこの機能のバランスを反映しているとのだとか。
また、葉と花の戦略として、葉や枝の配置を柔軟に変える、強すぎる日差しから葉を守るために日中に光合成速度を低下させる昼寝をする、寒い冬は葉を落として安全な場所に栄養分を貯蔵する、花や実の形態で虫や鳥を引きるといったものが紹介されました。

最後に、鷲谷氏が長年研究されてきたサクラソウを中心に、植物を保全する際に必要となる考え方についてお話しいただきました。河川の氾濫や人為的な間伐や採取といった適度な攪乱が生物多様性を高めることや、攪乱後の回復を予測するための要素、花粉や種子を運ぶ動物も含めた保全の必要性など。

参加者からは、植物の生態や保全方法についての疑問についての質問があがりました。鷲谷氏は、それらの質問に丁寧に回答してくださいました。町内外の42名が参加されましたが、参加者からは、わかりやすかった、面白かった、野菜を育てる参考になったという満足の声が聞かれました。

DSC_8521_RR.JPG
会場いっぱいの参加者
posted by ブナ at 17:06| ブナセンター講座