2016年03月02日

河野昭一只見町ブナセンター名誉館長(京都大学名誉教授)が、松下幸之助記念賞を受賞!

只見町ブナセンターの初代館長である河野昭一先生が、このほど松下幸之助記念財団が主催する「松下幸之助花の万博記念賞」の内、松下幸之助記念賞を受賞しました。この松下幸之助花の万博記念賞は、「自然と人間との共生」という花の万博の基本理念の実現に貢献する優れた学術研究や実践活動を顕彰するもので、今回の河野先生の受賞は、河野先生が植物生態学、特に植物の生活史戦略の研究における優れた研究業績と、この奥会津地域を含めた日本列島に残された貴重な天然林の保護・保全に尽力されたことが高く評価されたものです。当ブナセンターの名誉館長でもある河野昭一先生の今回の受賞について、心よりお祝いするとともに、河野先生の志を引き継ぎ、只見町ブナセンターの発展に努めていきたいと思います。

120801-105210-河野昭一_R.JPG
叶津・木の根沢のブナ林観察会で、ブナ林を解説する河野昭一先生

posted by ブナ at 16:09| Comment(0) | できごと

豪雪に育まれた自然と生活・文化を守り活かす 只見ユネスコエコパーク展を南会津町で開催!

只見町ブナセンターは、登録2年目に入ったユネスコMAB計画の生物圏保存地域(只見ユネスコエコパーク)の概要と現在取り組む推進事業を紹介する企画展を、南会津町立奥会津博物館の協力の下、同施設内で開催しています。この企画展では、只見ユネスコエコパーク域内の自然環境、伝統的な生活文化などをパネルで紹介するとともに、関連事業の中で開発した「自然首都・只見」伝承産品の他、只見町ブナセンターの出版物なども展示、販売します。また期間中には、講演会も予定しております。奥会津博物館は、同地域で収集され、国の有形重要民俗文化財に指定された民具類を展示、解説する施設です。施設見学の折に、是非、博物館内の展示室にお立ち寄りください。

場所:南会津町立奥会津博物館企画展示室
期間:2016年3月1日より31日まで
講演会:3月26日(土)午後1時30分〜午後3時 同展示室にて開催
主催:只見町ブナセンター
後援:南会津町
※奥会津博物館の施設入館料が必要となります。(大人300円、高校生200円、小・中学生100円)

只見BR田島展 ポスター_R.jpg
posted by ブナ at 15:50| Comment(0) | イベント