2016年02月29日

冬の鳥

現在の只見町の積雪は、なんと70cmしかありません!
昨年の2月28日はまだ2m50cmもの積雪があったので、2月の積雪としては信じられないことです。

これはウサギの足跡。70p近い雪の壁を軽々とジャンプしていました。
IMG_5360_R.JPG

木々の葉が落ちる冬は、鳥たちの姿も見やすくなります。
アトリです。
IMG_5179_R.JPG
数百から時には数万の群れで生活します。
昨年の秋には町内にも群れが飛来しており、「とんでもない数の鳥がいる!!」と話題になっていました。
あまりの数の多さに「天変地異の前触れでは?」と心配された方もいたそうです。

オス
IMG_5237_R.JPG

メス
IMG_5242_R.JPG
この時は10数羽の群れで、一生懸命餌を探していました。
もうすぐ旅立つのでしょう。

こちらは正面を向いていて分かりにくいですが、カシラダカです。
IMG_5148 (2)_R.JPG
人家のすぐ脇まで来てさえずっていました。

一生懸命松の実を食べていたヤマガラ。
IMG_5294_R.JPG

ちょこちょこと飛び回り、とても愛らしい鳥です。
IMG_5298_R.JPG

おなかのオレンジのような茶色がよく目立ちます。
IMG_5302_R.JPG

そして雪の上をちょんちょんと走る可愛い後ろ姿。
IMG_5080_R.JPG

ツグミでした。
IMG_5083_R.JPG
只見町ではかつてかなりの数が生息していたようですが、現在は少なくなっています。
かすみ網(鳥類を大量に捕獲できる猟具)が禁止される前は食用として大量に捕られており、ツグミの肉は美味しかったのだとか。

例年にない浅雪で、今年はもう地面が見え始めている山もあります。
春の風景になりつつありますが、そこら中に見られる動物たちの足跡が見られなくなると思うと、寂しくもありますね。
posted by ブナ at 12:26| Comment(0) | 野鳥