2015年12月06日

ブナセンター講座「只見町の昔を聞く」を開催しました。

本格的な冬の寒さが訪れた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

只見町ブナセンターでは、12月5日(土)にブナセンター講座「只見町の昔を聞く」を開催しました。
当日は、寒い上に雨という生憎の天気でしたが、足元が悪い中、33名の方々に参加していただきました。

今回の講座では、昔の只見町について詳しい菅家誠也さん(只見)、飯塚恒夫さん(坂田)、星文孝さん(黒谷)の3名を講師としてお招きし、座談会形式で只見町の昔の様子について写真を見ながらお話していただきました。

151205-133450-DSC_6234_R.JPG

まず、菅家誠也さんには、明治から昭和初期まで只見町で養蚕を行っていた南光社についてお話いただきました。明治時代に曽祖父が南光社を立ち上げたときの苦労話や養蚕を盛んに行っていた当時の様子を、当時撮られた写真や使われていたラベルを見ながら説明していただきました。
従業員のために1日4斗(約60kg)の米を炊いていたことや当時は水車小屋で機械を動かしていたことなど、当時の様子に皆さん驚かれていました。

151205-134235-DSC_6248_R.JPG

飯塚恒夫さんには、只見町で養蚕をどのように発展させてきたのかについて説明していただきました。只見町の自然環境に合った蚕や桑を探した当時の話や八十里越の峠道に昔あった小屋の写真など、町の人たちでもなかなか知らないことを紹介していただきました。

151205-134758-DSC_6251_R.JPG

最後に、星文孝さんからは、これまで使われていた様々なカメラの紹介を通して、只見町において写真がどのように変わってきたかをお話していただきました。さらに、これまで撮ってきた写真の紹介やこれから撮りたい写真についても話され、今後は風景だけではなく人の生活を記録した写真を撮りたいとおっしゃっていました。

151205-141410-DSC_6275_R.JPG

参加者からは、南光社の取引の状況や今回紹介した写真などについての質問がされたほか、参加者自身が体験した養蚕の話が出るなど、とても賑やかな講座になりました。

只見町ブナセンターでは、今後も様々な分野の講師をお招きし、ブナセンター講座を行います。
12月19日(土)には、横浜国立大学大学院の松田裕之教授をお招きして、「自然の恵みの活かし方−今までもユネスコエコパーク登録後も−」を開催します。お誘いあわせのうえ、ぜひご参加ください。


posted by ブナ at 14:23| Comment(0) | ブナセンター講座