2016年08月11日

ブナセンター講座「只見地域で見られるカミキリムシとその生態」

7月30日(土)にブナセンター講座を行いました。遅くなりましたが、ご報告をします。

講師の槇原寛氏は、森林総合研究所の研究員をされていました。昆虫の、特にカミキリムシの分類をご専門とされています。只見町では、ユネスコエコパーク事業のひとつである自然環境基礎調査として、2014年から2015年にわたって槇原氏に只見町の昆虫相の調査をしていただきました。開催中の企画展では、その成果をもとに展示をしています。講座では、調査によって明らかとなった只見町の昆虫相の特徴をカミキリムシなど甲虫を中心にお話いただきました。

槇原氏は、喉のガンで手術をしており、声を出すことができません。調査をサポートしてきた役場総合政策課の中野陽介さんが、槇原氏の作成したスライドを読み上げる形で進めました。

160730-144159_R.JPG

はじめにカミキリムシの一般的な生態の特徴について、説明がありました。日本にはホソカミキリムシ科とカミキリムシ科がいて、760種が知られています。カミキリムシの特徴は、触角が長いこと。この触角は、におい物質を拾うための器官で、繁殖相手や食物、産卵場所を見つけるのに役立ちます。また、つかむとギーギーという音を出します。これは口で発声しているのではなく、体をこすり合わせて出しているそうです。そして大あごの形態は、食物の違いや、産卵環境(産卵の際に樹皮を加工するかどうか)の違いを表しているとのことでした。豊富な写真を用いて、カミキリムシに様々な食性があること、カミキリムシの擬態(においを出す、ハチに似せる、味のまずい虫に似せるなど)について紹介してくださいました。カミキリムシは大きいか小さいかだけでみな同じにように思っていましたが、見て楽しむポイントがはじめてわかりました!

続いて、只見町の昆虫相の特徴や発見された珍しい昆虫について、ご説明くださいました。
ひとつは、カブトムシです。只見町で採集されたカブトムシは、小型のものが多かったそうです。中にはオスなのにほとんど角がないようなものも。これは積雪期間が長いために、成長に費やせる時間が短いからだということでした。幼虫の期間を伸ばすことできちんと大きくなる種類の昆虫もいますが、カブトムシはそれができないのだそうです。

もうひとつは、クワガタムシの種類が多く、豪雪地帯に生息するユキグニコルリクワガタがいる半面、暖地性のネブトクワガタも見られるといった多様性があることです。

ほかに大曾根湿原で見つかった珍しい甲虫や、良好な森林の指標となる昆虫が多いこと、マイマイガの大量発生時にチョウの幼虫を食べる昆虫が増えたことなどが報告されました。只見町の昆虫相の特徴を端的に解説していただき、只見町の自然を理解するすばらしい機会となりました。

26名の方にご参加いただき、ジョークを交えての槇原氏の人柄が表れる講座を楽しみました。

なお、槇原氏の行った研究成果は、ブナセンター紀要No.5にまとめられています。詳しくは▲こちら▲をご覧ください。
posted by ブナ at 12:30| ブナセンター講座

2016年08月10日

7月31日に昆虫採集と観察会がありました。

前日にブナセンター講座で登壇いただいた槇原寛氏と一緒に只見町の学びの森(梁取のブナ林)で昆虫採集と観察会を行いました。

今回は観察場所の学びの森に事前にバナナトラップ、枝トラップ等を仕掛けました。それらで捕まえた昆虫や歩きながら捕まえた昆虫の説明をしてもらいました。
※今回は、観察会のために特別に昆虫トラップを仕掛けて昆虫を採りました。

160723-161929-IMGP0491_R.JPG
バナナトラップ

160723-161353-IMGP0490_R.JPG
枝トラップ

入口付近に仕掛けていたバナナトラップの中には何もなくなっていました。本来ならバナナの匂いに昆虫が引き寄せられますが、ヤマネが中のバナナを全て食べてしまったようです。
160731-091119-IMGP0552_R.JPG

次にライトトラップを確認しました。
ここでは、ノコギリクワガタ、ビロウドカミキリ、ノコギリカミキリ、ウスバカミキリなどの甲虫が採れました。
160731-092226-IMGP0559_R.JPG

枝トラップを確認します。
枝トラップは木と木の間に紐を張りそこに枝を何本か束ねたトラップです。
枝トラップには枯れ木を食べたり、枝の隙間に隠れたりする昆虫、それを食べにくる昆虫が集まります。ここで今回参加者に渡したたたき網を下にしき、棒でたたいて虫を落として捕まえてもらいました。
160731-095108-IMGP0569_R.JPG

今回の観察会では、カミキリムシ類、クワガタムシなどの甲虫やケシキスイムシ科、ハネカクシ科などの小さい昆虫が取れました。トラップを仕掛けてから当日までの間に雨の日が多かったことで捕れる虫の数は少なかったようです。

160731-113440-IMGP0580_R.JPG
そんな中、ヨコヤマヒゲナガカミキリが捕まえられました。
この昆虫はブナの生木を食べるカミキリムシです。ブナの根元付近で幼虫の期間を過ごしますが、成虫になるとブナの若い枝を食べるために木の上の方に移動するためになかなかお目にかかれない昆虫です。

今回の観察会には9名の方が参加されました。採れた昆虫の数は少なかったですが、トラップに捕まった昆虫の解説を聞いたり、枯れた木や葉の下にたたき網を置いて棒で叩いて昆虫を探してみたりと非常に楽しい観察会となりました。

posted by ブナ at 14:01| Comment(0) | 自然観察会

2016年08月05日

夏休み

夏休みとなりました。
何人かの方々が東京方面から只見線を利用して只見町に来て、ブナセンターに立ち寄ってくださいました。

只見線は鉄道好きの人に人気があります。
また、時折、東京方面から只見への鉄道を利用したアクセスをお電話でお尋ねの方もいらっしゃるので、簡単に紹介します。

東京駅からは上越新幹線で浦佐駅へ、浦佐駅で上越線に乗り換え長岡方面へ10分ほどで小出駅へ、小出駅で只見線に乗り換えます。1時間15分ほどで只見駅に到着です。
只見線の2両編成のディーゼル車は、新潟県と福島県の県境に横たわる越後山脈をこえて只見町に至ります。小出駅を出発すると破間川(あぶるまがわ)に沿って登っていきます。

R0014979.jpeg
車窓からの景色。次第に両側に山が迫ってきます。

いくつものトンネルをくぐりぬけて、福島県に入ると田子倉ダム湖とブナ林、雪食地形の雄大な景色が目の前に広がります。すると間もなく只見駅に到着です。今は緑濃いブナ林を只見線から眺められるチャンスです!
只見駅からブナセンターまで歩いて20分ほどです。只見駅舎内の観光町づくり協会で自転車をレンタルすることもできます。


ブナセンター「ただみ・ブナと川のミュージアム」の2階ギャラリーでは、現在、企画展「只見の昆虫たち –只見自然環境基礎調査の報告」を開催しています。ぜひご覧ください。
DSCF0147.jpeg


*小出-只見間は本数が少ないので時間をよくご確認ください。また、只見から会津若松方面については、只見-会津川口間で鉄道が使えませんが代行バスが運行しています。会津川口から会津若松へは鉄道をご利用ください。
*東京(浅草駅)から東武鉄道、野岩鉄道、会津鉄道を利用して只見にくることもできます。別の機会にご紹介します。
posted by ブナ at 13:29| Comment(0) | 企画展

2016年07月24日

町内のあちこちでヤマユリが咲いています

DSC_1213_RR.jpg

ヤマユリの花がピークを迎えました。
大輪のヤマユリは毎年見ても美しいです。また、香りがその存在を誇示しているかのようです。
林内や斜面、道路脇などたくさん見られます。

昆虫の企画展が始まりました。関連して7月30日はブナセンター講座、31日は自然観察会があります。ご参加をお待ちしています!
(自然観察会は事前申込が必要です。ブナセンターまでご連絡ください)
posted by ブナ at 16:59| できごと

2016年07月19日

ツバメたち2

7月14日に家の入り口のツバメのヒナたちの様子をお伝えしました。
昨晩、見上げてみたら、灰色だったヒナたちが大きくなって白黒のはっきりしたツートンカラーになっています。左はしが親、あとの5羽がヒナです。親と同じくらいの大きさになっています。
それにしても、ヒナが5羽もいたとは!巣が窮屈そうですが、もう少しで、彼ら彼女らは飛びまわることができるようになるでしょう!

DSC02047.jpeg
posted by ブナ at 06:20| Comment(0) | 野鳥