2016年09月21日

【リマインド】友の会企画「企画展に行こう!」

日時が迫ってきましたので、d繰り返しのご案内です。
あさって、只見町ブナセンター友の会では、現在開催中の企画展「只見の昆虫たち−只見自然環境基礎調査の報告」をブナセンタースタッフの解説とともに見る会を開催いたします。友の会会員以外の方もご参加いただけます。お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

○と き 2016年9月23日(金)午前10時半〜11時半
○ところ 只見町ブナセンター
○内 容 ブナセンタースタッフによる企画展の解説
○問い合わせ 只見町ブナセンター友の会事務局(只見町ブナセンター内)
0241(72)8355

DSCF1675.jpeg
昨日まで降り続いた雨が今日は上がりました。午後になって雲が厚くなり薄暗くなりました。秋の七草の一つ、フジバカマの花です。この花の時期は、そろそろ終わりでしょうか。
posted by ブナ at 15:46| Comment(0) | イベント

2016年09月19日

雨の日にはコレ!

シルバーウィークの3連休、只見町はあいにくの雨模様でしたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?今日は降り続いていた雨も午後になりようやく弱まり、曇り空の「ブナと川のミュージアム」です。

160919-140731_R.JPG

さて、雨といえば、本日、町民の方からミノを寄贈いただきました。
雨や雪の日に、これ一つあるだけでしっかり守ってくれる優れモノです。

160919-140512_R.JPG
▲ミノ(表側)              

160919-140547_R.JPG
▲ミノ(裏側)

撥水性のある草本類の茎を使い、外側を水が伝い、中まで濡れることはありません。
よく考えられた、とても実用性の高い民具です。
20年以上たっているものとは思えない、とても綺麗な状態で、編み目も、とても繊細かつ丈夫に編まれています。

町内でも作ることのできる方が減り、また、需要の面でも雨合羽に取って代わられてしまっているミノですが、蒸し暑い日、雨合羽のように蒸れることもなく、ファッション性も高いこの道具は、いずれブームが来るのではと秘かに期待している次第です。

ミノなどのファッショナブルな古民具は、「ブナと川のミュージアム」中二階にて常設展示中です。外でのレジャーが楽しめない雨の日など、当館にて、かつての只見の人々の生活・文化、繋がれてきた只見の大自然に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。
posted by ブナ at 15:36| Comment(0) | できごと

2016年09月18日

雨天につき運動会中止

朝からあいにくの雨で、運動会は中止となりました。
ブナセンターから見る要害山は雲がかかっています。
DSCF1673.jpeg

さて、数日前のことですが、職場体験で只見中学校の1年生が4人来館しました。仕事の内容について、ブナセンター指導員に真剣に質問をしました。どんな剥製がありますか?という質問もあったので、みんな動物好きなんですね。
DSC_2315.jpeg
撮影:山アさん


中学校のみなさんは将来いろいろなところで活躍することとなると思います。どこに行っても、そこで出会う人たちに只見の自然の豊かさを語ってほしいと思います。

posted by ブナ at 12:39| Comment(0) | イベント

2016年09月16日

中秋の名月

昨晩は中秋の名月でした。夕方6時頃には只見川の対岸の山の上に月が現れました。薄くたなびく雲が月にかかり、なんとも風情がありました。
DSCF0276.jpeg

一夜明けて今朝の景色です。靄が出ていました。稲が黄金色になり始め、栗がたわわに実り、園芸の花々が鮮やかです。
DSCF1649.JPG

そして、早くもはぜかけがありました。
DSCF1659.jpeg

あさって9月18日(日)は、町の三地区それぞれで運動会が開催されます。すっかり秋の只見です。


posted by ブナ at 13:31| Comment(0) | イベント

2016年09月15日

インターンシップ in 只見町ブナセンター


こんにちは!昭和女子大学の山アです。
私は今、大学のインターンシップで只見町を訪れています。

今回は2日間、只見町ブナセンターで就業体験をさせていただきました。
ここでは只見町の“いろは”から詳しく学ぶことができるので、
只見の町を知りたい人にオススメです。


私がこのセンターで一番印象的だと思ったのは、動物の剥製です。
160915-105526-DSC_2353_R.JPG
これは入口でお客さんを出迎えてくれる熊の剥製です。

博物館や資料館にあるほとんどの剥製はケースに入れられ、
厳重に保管されていますよね。
その点このブナセンターの剥製はケースに入れられていないので、
剥製との距離が近く、じっくりと観察することができるのです。
ちなみにこれらの剥製の中には地元の方々から譲り受けたものも多くあるようです。地域住民の協力があって、より素晴らしい展示に仕上がっているのですね!


もちろん見どころは剥製だけではありません。
年に4回ほど企画展を開催していますし、講師の先生をお呼びして自然や文化をテーマにした講演会も行っています。

施設で只見町について学んだあとは、ゆっくりお散歩をすることもできます。
160915-110856-DSC_2369_R.JPG

只見町ブナセンターで就業体験をして、施設を見させていただいて、
より一層、只見町について知ることができました。
また只見を訪れたときには、このブナセンターに足を運びたいと思います。


posted by ブナ at 13:42| Comment(0) | イベント